逆流性食道炎 ストレス 逆流性食道炎の原因

ストレスが逆流性食道炎の一番の原因

逆流性食道炎になる一番の原因はストレスだと言われています。

 

ストレスにより胃酸が分泌され(胃酸過多)、さらにストレスが下部食道括約筋の機能を低下させることで、胃酸が逆流して食道に入り、食道に炎症を起こすことで逆流性食道炎になります。

 

ストレスが胃に影響を与えるのを実感されている方は多いと思います。
本来であれば、胃酸は食事をすることにより分泌されますが、強いストレスを感じると、胃酸を分泌する神経が刺激され胃酸が分泌されてしまいます。

 

つまり、消化すべきものがないからっぽの胃の状態(空腹時)でも胃酸が分泌されている状態となります。

 

分泌された胃液が胃の中にそのままあればまだいいのですが、ここで食道と胃の境目にあり胃からの胃酸を含む内容物が逆流しないような弁としての働きをする「下部食道括約筋」という筋肉の機能がストレスにより低下していると胃液が食道に逆流してしまいます。
また、胃の内容物が食道に入ってしまったとしても素早く胃へ戻す役割もあるので、通常だと食道は胃酸で傷つくことがなく守られているのです。

 

下部食道括約筋の機能が低下していて、胃酸が食道に侵入してしまうと、食道には胃と違って、強力な胃酸から粘膜を守る術がありませんから炎症を引き起こしてしまいます。

 

よく嫌なことがあったりした時に胃が痛いということがありますが、そのような環境が長期間続いた場合には注意が必要です。ストレスが原因で逆流性食道炎を引き起こす可能性が高まります。

逆流性食道炎の症状と治療の情報を紹介!

スポンサードリンク