逆流性食道炎 逆流性食道炎の症状 胸やけ

逆流性食道炎の主な症状

逆流性食道炎にはいろいろな症状がありますが、まず「食欲不振、吐き気」などが代表的な症状です。

 

また、「酸っぱい液体が口の中まで上がってきてしまう」という状態で、喉の奥が焼けるような感覚もあります。これは「呑酸(どんさん)」の症状で逆流性食道炎が疑われます。胸やけとはまた別のものです。呑酸になる原因は胃の不調と言われています。胃酸過多の状態にあり、胃が正しく機能していない状態にあります。

 

また「背中の痛み」も症状としてよく現れます。「胃炎」などと区別する目安にもなります。胃炎の場合は、背中の痛みはありません。背中の痛みは逆流性食道炎の症状の特徴になりますので、もし痛みがある場合には医師にしっかりと伝えておくべきポイントです。

 

その他、逆流性食道炎の主な症状を部位別に以下にまとめてみました。

 

【胸】
・胸やけ
・胸が焼けるような感覚
・胸がヒリヒリと痛い
・胸のむかつき
・食べ物を飲み込むと胸がしみるような感覚
・胸やみぞおちにつかえる感じがある
・深呼吸が苦しい

 

【胃】
・胃の痛み
・胃の重さを感じる
・お腹が張る感じ

 

【喉】
・喉がつかえる感覚
・喉に異物感を感じる
・喉が圧迫されるような感覚
・食べ物が飲みこみづらい

 

【口】
・口の中が酸っぱい
・苦い水が上がってくる感じがある
・ゲップが多くなった

 

【背中】
・背中の痛み
・背中の重さ など

逆流性食道炎の症状と治療の情報を紹介!

スポンサードリンク