逆流性食道炎 逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の食事

逆流性食道炎の方にとって、毎日の食生活は大変重要となります。
医師から処方される薬を服用しながら、合わせて食事療法を行うことは治療に大変有効です。
ではどのような食事をとれば良いのでしょうか。

 

まず知っておきたいのが、食事療法についてです。
食べ物を改善することで完治を目指す場合には根気が必要となります。
残念ながら即効性はないので、ゆっくりじっくりと地道な努力が必要となります。
けれど長期的な健康という風に考えると食事療法は逆流性食道炎にとって大変有効となります。

 

逆流性食道炎を食事で改善する場合、避けるべきものがはっきりしています。
胃酸の分泌を更に増やしてしまうようなものや、胃に強い刺激を与えるようなものです。
飲み物ではアルコール全般です。
特に度数のきついものは避けましょう。
また、カフェインが多く含まれているものも避けましょう。
コーヒーや紅茶、緑茶などです。
もしもコーヒーを日常的に1日に何杯も飲むという方は習慣になっていると思いますので、飲む回数を減らすことから始めると良いでしょう。

 

食事については、揚げ物や香辛料が含まれているものを避けるようにしましょう。
激辛!などと言われるものは厳禁です。
消化が良いもので、お腹に優しい煮物やうどんなどの柔らかく温かいもので油があまり使われていないものを食べるようにしてください。

 

またアイスなどの冷たいもの、チョコレート、炭酸飲料、柑橘系の果物も避けた

逆流性食道炎の症状と治療の情報を紹介!

スポンサードリンク