逆流性食道炎 逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎一番の原因は過剰なストレスであると言われていますが、その他にも様々あります。

 

■ 加齢
加齢(老化)によっても「下部食道括約筋」の機能が低下して逆流性食道炎の原因となります。下部食道括約筋の働きが低下すると、胃酸などが胃から食道へ逆流しやすくなってしまいます。さらに加齢により食道自体の働きも悪くなっていることも要因と考えられます。

 

■ アルコール(酒)やタバコ(喫煙)
最近では、若い年代の方でも逆流性食道炎で悩む方は増えています。それにはストレス以外に「アルコール」や「タバコ」などの嗜好品の過剰摂取が考えられます。
アルコールは胃酸の分泌を促します。度数が強ければ強いほど、分泌量も増えます。
また、タバコも胃酸の分泌量を増やす要因となり、さらに食道の粘膜にも悪影響を与えてその働きを弱めるしまうことがあります。

 

■ 食生活
日々の食生活にも逆流性食道炎の原因となるものがあります。
揚げ物など油っこい食事や、甘いもの、コーヒーなどカフェインが多い飲み物、激辛の味付けなどの刺激の強い味のものはとり過ぎないように注意が必要です。

 

■ 体型や姿勢
肥満体型の方、猫背の方や姿勢が悪い方、腰が曲がっている方などは、体型や姿勢の悪さのために不自然に胃や食道を圧迫している場合があります。それは胃や食道にとっては大きな負担であり逆流性食道炎につながる原因となりえます。

 

■ ベルトや下着
お腹を圧迫するようなベルトや下着を身につけている方も注意が必要です。
特に下腹部をきつく長時間圧迫し続けていると、胃から腸への流れが悪くなり、胃液を含む内容物が下へ流れにくくなるということです。それは上に(食道に)逆流しやすくなってしまうということです。

 

これらの要因に、さらにストレスが加わるとますます逆流性食道炎の危険が高まります。

逆流性食道炎の症状と治療の情報を紹介!

スポンサードリンク